current: JP (日本) | Change

Aqua Lung Ambassadors

John Chatterton (ジョン・チャタートン)

プロフェッショナルダイバー

John Chatterton

世界有数のレックダイバーであるジョン・チャタートンとは、ヒストリーチャンネルのTV番組「Deep Sea Detectives」でホストを務めた経験あるプロのダイバーです。
テレビ番組で活躍する以前、20年間ニューヨーク周辺でコマーシャルダイバーとして働いていました。2001年9.11の同時多発テロの際はワールドトレードセンタービル・タワー1近くで水中作業をしていたといいます。

ジョンは世界中の沈没船を探し当てて引き揚げる事に情熱を注ぎ続けています。
ニュージャージー州沖で6年の歳月を費やしてドイツの潜水艦「U-869」を発見した際には人気番組であるPBSチャンネルのNOVAシリーズ2時間スペシャルをはじめ、様々なドキュメンタリー番組で取り上げらています。このエピソードは「Shadow Divers」のタイトルでロブ・カーソンによって執筆され、ランダムハウス社から出版されベストセラーとなりました。

2005年8月、ジョンはパートナーとともに世界で最も有名な沈没船「タイタニック号」の探査に乗り出しました。ロシアの調査船であるケルディッシュ号からMIR深海艇に乗り込み、水中約3,800mまで潜った彼の挑戦は、ヒストリーチャンネルにおいて2つの番組で特集されただけではなく、のちにこのエピソードから着想を得た小説家ブラッド・マットセンのベストセラー小説「Titanic's Last Secret」が生れました。

現在、ジョンはパートナーと共に、ドミニカ共和国の要請を受け、ヒスパニャーラ島周辺で植民地時代の沈没船を探す活動をしています。

Learn more about John Chatterton at www.johnchatterton.com

 


Cody Unser

コーディー・アンサー ファーストステップ財団

Cody Unser (コーディー・アンサー)

福祉活動家

コーディーは小学校6年生の時に感染性髄膜炎を患い下半身が麻痺しましたが、希望を持ち続け治療をあきらめませんでした。インディ500の優勝経験者アル・アンサーJrを父に持つ彼女は、いつかレーストラックを歩くのが夢でした。
14歳になった彼女は母シェリーと共に、麻痺で苦しむ人々に価値ある人生を送ってもらうための財団“コーディー・アンサー ファーストステップ財団”を設立しました。
ジョンホプキンス病院が指揮をとり、横断性脊髄炎調査協会も参加するこのプログラムは、彼女が障害を乗り越え手に入れた新たな自由を共有しようと作られた「Cody's Great Scuba Adventure」、そしてスクーバで楽しくリハビリするための退役軍人によるミリタリーダイビング「Operation Deep Down」などからなります。
政治活動家としての顔も持つコーディーは、のちに俳優となる友人のクリストファ―・リーヴとともに、議会の前で幹細胞研究への支援を証言し全国的な呼びかけを行いました。

Learn more about Cody and her foundation by visiting www.codysfirststep.org.

 


Matias Ferreira

SUDS (Soldiers Undertaking Disabled Scuba)

Matias Ferreira(マチアス・フェレイラ)

傷痍軍人、SUDSダイバー

多くの軍人たちと同じく兵役中に傷を負ったマチアス・フェレイラは、両足の膝下を切断するという大きな障がいを背負いました。それでも彼はくじけることなく25歳の誕生日を迎える前日、歩いたりしゃべったり、様々なスポーツ、そしてスクーバダイビングを楽しもうと決意します。
今ではマチアスはSUDS (Soldiers Undertaking Disabled Scuba)で彼と同じように傷を負った兵士たちをボランティアとして手助けし、またWounder Warior Amputee Softball Kids Campを通じて同じく障がいを負った子供たちを励ます活動をしています。
我々に「やればできる」事を体現してくれる彼の活動の、社会に対する貢献は計り知れません。
アクアラングはマチアス・フェラーリをアンバサダーとして迎えられ、誇りに思っています。

Learn more about Matias Ferreira.
Like us on Facebook to follow Matias’ adventures.

 


Jeff Hester

Our World – Underwater Scholarship Society in North America
北米Our World アンダーウォーター育英会会員

Ana Sofia Guerra (アナ・ソフィア・ゲラ)

2014年北米ロレックス奨学生

アナ・ソフィア・ゲラは海から遠く離れたメキシコのモントレー生まれの24歳の女性です。
テキサス州ダラスでの短期間の生活を経て、11歳の時ブラジル・サンパウロへと引っ越しましたが、そこでウミガメを保護する民間団体の活動を通じ海洋生物への興味を持ち、12歳でPADIのオープンウォーターダイバーとなります。

やがてメキシコシティーの高校を卒業した彼女はアメリカ・カリフォルニア州スタンフォード大学へ進学しました。生物学で学士号を取得した後は海の近くで働きたいと考えていた彼女は卒業後、ホプキンス臨海実験所やモントレー湾近くのスタンフォード海洋生物研究所で働きながらレスキューダイバーとAAUSサイエンティフィックダイバーのCカードを取得し、太平洋に浮かぶパルミラ環礁でアシスタントとしてフィールドワークに従事しています。

その他にも彼女は、メキシコのバハ・カリフォルニアで漁師として働いたりスタンフォード大学で学生達の指導に携わったり、様々な分野で活躍します。2014年北米ロレックス奨学生となった彼女は、水中写真や執筆活動など様々な活動に幅を広げ日々努力しています。さらには自分の経験を活かして海や環境保全活動になじみない人にもっと親しみを持ってもらえるよう、海洋学と一般社会の橋渡しになりたいと考えています。

アナはアクアラングとOWUSSの2014年奨学生の代表として日々献身的に努力をしています。

Ana is thrilled to be representing Aqua Lung and OWUSS as the 2014 North American Scholar.
Follow Ana's travels and training at Our World–Underwater Scholarship Society