current: JP (日本) | Change
Terminology

Instrumentation - Terminology


用語・機能解説集

ダイブコンピュータ及びアナログゲージを利用する際に使用される主な用語及び機能の解説です。

Acti (wet or button) アクティ(水感知又はボタン起動) ダイビングの際に水感知又はボタン操作によりダイブコンピュータを 起動することができます。
Algorithm アルゴリズム ビュールマン方式の減圧計算モデル(アルゴリズム)では呼吸中の窒素分を圧を算出する際に肺の中の水蒸気圧を差し引いて計算されます。
ALT adjustable ALTアジャスタブル 高所潜水の際に正確なデータを得る為に設定高度を調整することが出来ます。
Ascent rate indicator 浮上速度表示 ダイビング中の浮上速度を表示します。
Audible alarm サウンドアラーム 予めセットされた安全に関する項目に従い、音でお知らせする機能です。
Backlight バックライト 水中でディスプレイが見やすいよう盤面が光ります。
Battery power indicator バッテリー残量表示 現在のバッテリー残量をお知らせします。
Bluetooth Smart ブルートゥーススマート 小さな消費電力で個人範囲の距離をつなぐワイヤレスネットワークシステム
Bookmark ブックマーク ダイビング中の重要なデータにブックマークを付け、ダイバーログアプリで活用する事ができます。
Bourdon tube ブルドンチューブ ブルドン管。圧力計に内蔵される圧力を測定するための部材
Conservative factor adjustment CF/安全 設定 安全設定(CF)をONにすると潜水残存時間、無限圧限界、酸素残存時間が 起動時の実際の高度よりも915m(3,000フィート)高いレベルで使用可能な値に低減 されます。
Declination adjustment 誤差調整 コンパスの誤差を調整します。
Deep stop ディープストップ ディープストップをONにするとセーフティーストップ(安全停止)に 先立って一定の深度で停止するよう指示が表示されます。
Depth alarm 深度アラーム あらかじめセットされた深度に到達するとアラーム音が鳴るように設定する事ができます。
Download ダウンロード ダイバーログアプリより最新のデータをダウンロードする事ができます。
Download cable ダウンロードケーブル Windows/Macへデータをアップロード、ダウンロードするためのケーブルです。
DTR alarm DTR(潜水残存時間)アラーム 指定した潜水残存時間を迎えた時点でアラームを鳴らすことが出来ます。
EDT alarm EDT(潜水経過時間)アラーム あらかじめ決められた潜水時間が経過した際にアラームを鳴らすことが出来ます。
Free dive フリーダイビング(モード) フリーダイビングではタンクは使用しませんが、体内窒素量の情報は有効です。同一日にスクーバダイビングとフリーダイビング両方のモードを使用することも可能です。
FO2 FO2(酸素濃度比率) FO2とは酸素濃度比率のことで、例えば36%の酸素を含む混合ガスの場合は FO2は0.36となります。
Fresh / salt water select 淡水/海水設定 正確なアルゴリズム演算の為、淡水又は海水の水域設定を選択する事が出来ます。
Gas integration ガスインテグレーション タンクにセットされたレギュレーターのファーストステージに接続し、タンク内の残圧を表示できます。
Gas time remaining エアー残存時間 現在の水深とエアー消費量の割合からエアーの残存時間を測定する機能です。
Gauge mode ゲージモード ゲージモードではダイブコンピュータをデジタル水深計、ボトムタイマーと して使用し、データを記録する事も可能です。
History mode ヒストリーモード 以前行ったダイビングの重要データを確認する事が出来るモードです。
Hoseless gas integration ホースレスガスインテグレーション 高圧ホース無しでタンク内の残圧値をダイブコンピュータに表示する事が出来ます。
LCD display LCD(液晶)ディスプレイ 液晶組成物を利用する平面状で薄型の表示(ディスプレイ)装置
Logbook ログブック ログブックには過去に行ったダイビングを記録します。
Max depth 最大水深 ダイビング中に到達した最大の水深
Max PO2 alarm Max PO2 アラーム PO2(酸素分圧)が設定された最大値に達した場合にアラームを鳴らすことが 出来ます。
Mounting option  マウントオプション ダイブコンピュータを器材に取り付けたり身に着けたりするいくつかの方法の事です。
Nitrox mode  ナイトロックスモード 酸素濃度比率(FO2)の数値を変更する事が出来ます。
OLED display OLED(有機)ディスプレイ OLED(有機LED)ディスプレイは有機発光ダイオードを利用した、薄型軽量で 消費電力の少ない、高速応答、高コントラストの見やすいディスプレイです。
Plan modeプランモード 潜水前にダイブプランを設定し、確認する事が出来るモードです。
PO2 PO2とは酸素分圧のことで、これにより酸素露出限度が算出されます。
Run timer ランタイマー ダイビング中の特定の活動中の時間を測る事が出来る機能。ストップウオッチ。
Safety stop セーフティーストップ(安全停止) ほぼすべてのダイビング指導団体において、無限圧潜水の範囲内であっても 浮上の際に一時停止を行う事が義務付けられています。これにより体内に溜まった窒素を排出する事が出来ます。
Set audible on/off アラーム音 on/off アラーム音のオン、オフの切り替えが可能です。
Set deep stop on/off ディープストップ on/off ディープストップ表示のオン、オフの切り替えが可能です。
Shortcut screen スクリーンショートカット 一度のボタン操作で画面を切り替え、必要なログデータを確認することが出来ます。
TLBG alarm TLGBアラーム 残留窒素バーグラフがダイバーが予め設定しておいた値に到達するとアラームが鳴るよう設定できます。