aqua lung women - ambassadors

 
Cody Unser (コーディー・アンサー)
コーディー・アンサー ファーストステップ財団

福祉活動家

コーディーは小学校6年生の時に感染性髄膜炎を患い下半身が麻痺しましたが、希望を持ち続け治療をあきらめませんでした。インディ500の優勝経験者アル・アンサーJrを父に持つ彼女は、いつかレーストラックを歩くのが夢でした。
14歳になった彼女は母シェリーと共に、麻痺で苦しむ人々に価値ある人生を送ってもらうための財団“コーディー・アンサー ファーストステップ財団”を設立しました。
ジョンホプキンス病院が指揮をとり、横断性脊髄炎調査協会も参加するこのプログラムは、彼女が障害を乗り越え手に入れた新たな自由を共有しようと作られた「Cody's Great Scuba Adventure」、そしてスクーバで楽しくリハビリするための退役軍人によるミリタリーダイビング「Operation Deep Down」などからなります。
政治活動家としての顔も持つコーディーは、のちに俳優となる友人のクリストファ―・リーヴとともに、議会の前で幹細胞研究への支援を証言し全国的な呼びかけを行いました。

Learn more about Cody and her foundation by visiting www.codysfirststep.org

 
 
Megan Cook (メーガン・クック)
北米 アワーワールド-アンダーウォーター育英会会員

2012年北米ロレックス奨学生
オレゴン州立大学卒業

北米アワーワールド-アンダーウォーター育英会は、毎年一名を選出し、水中活動のリーダーと共に現地調査、ダイビング訓練、水中調査に携わるチャンスを設けています。
メーガンは幼いころから海が好きで、世界中での人々とこの熱意を共有したいと思っていました。そして500本近いフリーダイビング、スクーバダイビン経験を持つ彼女が、熱帯地方や温暖地での調査をすることになりました。
2009年にPADIのダイブマスターになった彼女は、ダイビングの安全指導の一環としてオレゴン州立大学とハワイ大学にて積極的に知識や技術を新たなダイバーに教えてきました。
海洋との関わり方や環境保全倫理を世界に広めたいという熱意であふれる彼女は、研究のほかメディアへの参加・産業への参加・講演会の実施と様々なフィールドでの活動の場を広げるでしょう。
メーガンはアクアラングの代表として、また2012年北米ロレックス奨学生として、今も希望に満ち溢れています。

Follow Megan's travels and training at Our World–Underwater Scholarship Society

 
 
Ana Sofia Guerra (アナ・ソフィア・ゲラ)
Our World – Underwater Scholarship Society in North America
北米Our World アンダーウォーター育英会会員

2014年北米ロレックス奨学生

アナ・ソフィア・ゲラは海から遠く離れたメキシコのモントレー生まれの24歳の女性です。
テキサス州ダラスでの短期間の生活を経て、11歳の時ブラジル・サンパウロへと引っ越しましたが、そこでウミガメを保護する民間団体の活動を通じ海洋生物への興味を持ち、12歳でPADIのオープンウォーターダイバーとなります。

や がてメキシコシティーの高校を卒業した彼女はアメリカ・カリフォルニア州スタンフォード大学へ進学しました。生物学で学士号を取得した後は海の近くで働き たいと考えていた彼女は卒業後、ホプキンス臨海実験所やモントレー湾近くのスタンフォード海洋生物研究所で働きながらレスキューダイバーとAAUSサイエ ンティフィックダイバーのCカードを取得し、太平洋に浮かぶパルミラ環礁でアシスタントとしてフィールドワークに従事しています。

その他 にも彼女は、メキシコのバハ・カリフォルニアで漁師として働いたりスタンフォード大学で学生達の指導に携わったり、様々な分野で活躍します。2014年北 米ロレックス奨学生となった彼女は、水中写真や執筆活動など様々な活動に幅を広げ日々努力しています。さらには自分の経験を活かして海や環境保全活動にな じみない人にもっと親しみを持ってもらえるよう、海洋学と一般社会の橋渡しになりたいと考えています。

アナはアクアラングとOWUSSの2014年奨学生の代表として日々献身的に努力をしています。

Ana is thrilled to be representing Aqua Lung and OWUSS as the 2014 North American Scholar.
Follow Ana's travels and training at Our World–Underwater Scholarship Society