器材のメンテナンス-マスク

器材のメンテナンスに関しては、下記の事項をよく読み、お手入れをお願い致します。

日常のお手入れ

  1. マ スク製造過程において、シリコンから発生した薄い膜が付着しレンズがくもる場合があります。このくもりをとるにはマスクの内・外両面を中性洗剤でよく洗い 落してください。歯磨き粉などのペースト状の洗剤が理想ですが市販の液状の中性洗剤で代用して頂く事も可能です。洗剤を指でレンズに数回こすりつけた後、 真水でよくすすいでください。
  2. 薄いシリコンの膜が除去されてもマスクのくもりは発生します。このくもりは市販されているダイビングマスク専用のくもり止めで簡単に防ぐ事ができます。くもり止めをレンズにこすりつけ、真水でよく洗い流してください。
  3. 市販のくもり止めの中には、プラスチック部分を損傷させる可能性のある防腐剤やアルコールなどが含まれている場合があります。中身がはっきりしない場合は使用をお止めください。

日常のお手入れ

  1. エントリーの際は、入水の衝撃や波・うねりによって外れないよう、レンズを手でしっかり抑えてください。
  2. ダイバーが集まる場所ではマスクの上にウエイトを落とされる事など無いよう、保管場所にはご注意ください。
  3. エントリー前・エギジッド後などマスクを前頭部に着けておくと、すぐに外れたり失くしやすいので、一時的に顔から外しておきたい場合は首周りにかけておくとよいでしょう。

ダイビング後のお手入れ

  1. 50度以下のぬるま湯に浸けて塩抜きをしてください。
  2. 真水でよく洗い流し、乾かしてから保管してください。

保管

  1. 直射日光を避け、涼しく乾燥した場所に保管してください
  2. クリアーシリコーンスカート部分への色移りを防ぐ為、他の器材とは分けて保管してください。

化学薬品等のご注意

  1. アルコール・オイル・ガソリン・エアゾール剤・その他の化学溶剤に触れないようご注意ください。
  2. プラスチックやゴム部分を損傷させる恐れがある為、エアゾール系スプレー類は噴きかけない様にお願いします。
  3. アルコールや各種溶剤・灯油などを使ってマスクを磨かないでください。
  4. オイルやガソリン・化学薬品などの近くで保管しないでください。